エステ契約を解約したいと思ったらどうするべきか。

エステ契約を解約したいと思ったらどうするべきか。

全国エステサロンランキング.com TOPコンテンツ >エステ契約を解約したいと思ったらどうするべきか。

エステ通いを決心し、お試し体験の後にいよいよ本契約・・・。 その前にエステ利用者として知っておいてほしいエステ契約の際の大切なことがあります。

エステのお試し体験でキレイになった等で気持ちが高ぶってしまってよく考えずに契約してしまい、家に帰って冷静に考えるとやっぱりチケットはいらない気がする、お金に余裕がないと気が付く・・・といったお話をよく聞きます。

もしあなたがそういった問題に陥った時にはどういった行動をとるべきなのでしょう。


エステでの契約は、必要がないと思った際には解約をすることができるんです。解約には二 種類の方法が存在し、一つは『クーリングオフ制度』を活用することで契約を無効にすることができます。もう一つは『中途解約』という制度です。

前者は契約書が発行されてから期間内であれば無条件に契約を無効にできるという制度、中途解約はサービスを受けた後でも、必要がなくなった分の契約を解除できる制度です。

どちらの解約法にも、一定の条件が存在しますが手続きはとても簡単で、エステサロン側に内容証明郵便を利用して通知するだけです。もしローンを組んでしまっているようなら、そのローン会社にも同じ方法で通知をします。
ただし、自分でエステサロンに出向いて解約の交渉をしたり、電話をするのはやめておきましょう。
トラブルを防ぐためにもエステの契約・解約の手続きは面倒でも書面を通して行う事が大切です。

また、自分で内容証明書等で通知することも可能ですが、きちんと対処できるか不安な場合は、行政書士等専門の業者にお願いすることができます。

安心のエステサロンはこちら↓

 

 

Copyright(c)  全国エステサロンランキング.com All Rights Reserved.