エステ契約のクーリングオフについての重要まとめ

エステ契約のクーリングオフについての重要まとめ

全国エステサロンランキング.com TOPコンテンツ >エステ契約のクーリングオフについての重要まとめ

エステサロンでの契約に関してトラブルになってしまった場合、クーリングオフ制度を利用できるという事までは知っているという方は多いと思います。 しかし、制度が利用できることまでは知っていたとしても、実際の手続きの流れや細かい条件についてまではわからないといった人が大半ではないでしょうか。実際にトラブルが起きてしまった時の対処を知っておくこと、何よりトラブルを未然に防ぐという意味でも、エステ契約のクーリングオフ制度について今一度しっかりと学んでおくようにしましょう。


まず、エステサロン契約に対してクーリングオフ制度を利用しようとした時は、一定の条件があります。
一定の条件とは、契約金額が5万円を超えておりかつ契約期間が一カ月を超えるものであるという条件が存在します。そして、法定の契約書面が交付されてから、8日以内がクーリングオフ期間とされこの期間内に手続きをすることが重要です。
また、クーリングオフ制度を利用する場合は、必ず書面での手続きが必要になり、電話や口頭で契約解除の意思を伝えてもクーリングオフは一切適用されませんので、十分に注意をしてください。

クーリングオフの手順としては、まずエステサロンに契約解除の通知を郵送します。契約時に契約金をクレジットカードで支払ったり、ローンを申込み信販会社と契約した場合はその信販会社にも同じ内容の通知を郵送します。
以上の手順でクーリングオフは完了となりますが、通知の方法は前述のとおり必ず書面で行い、『内容証明や書留を利用する』ようにしましょう。
決してサロン側に電話したり出向いたりしてはいけません。 逆にトラブルをこじらせる可能性があるためです。 また、クーリングオフ制度が適用になる場合は、違約金や損害賠償も支払う必要はありません。
クーリングオフの手続きは自分で行うこともできますが、報酬額を支払い行政書士等に代行を依頼するとスムーズに手続きができます。
行政書士さんのHP等を検索してみると、エステ契約のトラブルについて無料相談を受けているところもあります。もしトラブルに巻き込まれ困ったときは活用されることをおススメします。
一番はこのようなトラブルに巻き込まれないことですが、万が一の時のためのことを考える事はとても大切な事と言えるので、しっかり覚えておきましょう。

芸能人が通う安心のエステサロンはこちら↓

Copyright(c)  全国エステサロンランキング.com All Rights Reserved.