話題のインド式エステアーユルヴェーダとは

数年前からたびたび耳にする「デトックス」という言葉。体内に溜まった毒素を排出させることを言うのですが、このデトックス効果のあるインド式エステの一つである「アーユルヴェーダ」が近年ますます注目を浴びていますよね。

アーユルヴェーダは、サンスクリット語で生命の科学を意味し、世界最古の健康・美容法といわれます。アーユルヴェーダでは、ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カバ(水)という三つの生命エネルギー(ドーシャ)が命を維持する源と考え、これらのバランスで体質や健康状態が決まる為、自分の体質を知ることはすこやかな美しさを目指すために大変重要とされています。


「エステと言えば」と言われるほど有名な某エステサロンのアーユルヴェーダは、体質に合わせて3つのエネルギーのバランスを整えることができるメニューが設けられており、自分本来の体のリズムを取り戻す施術を受けられるようになっています。

インドでは大切な「気」の入り口とされる額にひと肌に温めたセサミオイルを絶え間なく流し続けることで、リラクゼーション効果や施術後は頭がスッキリとする効果があるシロラーダや、セサミオイルを使って左右対称の動きで全身マッサージをすることにより、老廃物の排出を促しながら疲れやむくみをケアするアヴィヤンガ、体の芯である仙骨をじっくりと温めハンドマッサージで疲労や冷え、下半身のむくみやお腹周りの脂肪に働きかけるカティ・バスティ等があります。

通常のエステとは少し違う、インド古来から伝わる美容法に着目した施術は、体だけでなく心も癒されること間違いなしです。

Copyright(c)  全国エステサロンランキング.com All Rights Reserved.